TOP ご依頼はこちらから 料金 事務所案内 特定商取引法 行政書士鈴木法務事務所
 三重 相続手続きサポート  > 遺産分割協議書作成 > 遺産分割協議書作成
 相続
■相続手続きについて
 ▶ 相続手続きの流れ
 ▶ 相続の主な手続き
 ▶ 相続、まずは何から
■相続人調査
 ▶ 相続人について
 ▶ 相続分とは
 ▶ 相続人調査
■相続財産調査
 ▶ 相続財産調査
■遺産分割協議書作成
 ▶ 遺産分割の方法
 ▶ 遺産分割協議書作成
■相続税・贈与税
 ▶ 相続税①
 ▶ 相続税②
 ▶ 相続税③
 ▶ 贈与税
■名義変更手続き
 ▶ 自動車
 ▶ 車庫証明
 遺言
■遺言について
 ▶ 遺言能力
 ▶ 遺贈
 ▶ 遺言の執行
 ▶ 遺言の撤回
 ▶ 遺言の無効と取消
 ▶ 検認
 ▶ 遺留分
■遺言の方式について
 ▶ 普通方式
 ▶ 特別方式
■公正証書遺言作成
 ▶ 作成の注意点
 ▶ 公証作成の手数料
遺産分割協議書作成
■遺産分割協議書は、協議が成立した証明となる書類です
  不動産の相続登記の際と、相続税申告の際は必ず必要ですので、
 作成する必要があります。
  自動車(軽自動車)の所有権移転登録の際は、自動車(軽自動車)各1台ずつ
 遺産分割協議書が必要です。
  その他でも、後日に紛争のタネを残さないために遺産分割協議書を作成すること
 をおススメ
します。
 
■自由に作成してもいいですが、どの遺産を誰がどれだけ取得したかが明確に決められていること
が必要です
  必ず相続人全員が参加しなければならず、相続人の一人でも欠けた遺産分割協議書は
 無効
となります。
  相続人全員の印鑑証明書と、実印の押印は必ず必要となります。
 
相続人の中に未成年者がいる場合は注意が必要
  → 妻と子供で相続する場合は、「利益相反行為」と言って、妻が子供の代理人となることは
    できません。
  → この場合、家庭裁判所で子供のための特別代理人を選任し、その代理人が協議することに
    なります。
 
■相続人が、遠い場所に居住している場合は、郵便等にて回付送付して署名捺印をそろえることで
 作成が可能です。
 
■遺産分割協議書例(現物分割の場合)
遺産分割協議書
 
 平成‐‐年‐‐月‐‐日、三重県‐‐市‐‐町‐‐番地 ○○○○の死亡によって開始した相続について、共同相続人である△△△△、□□□□は下記の通り遺産分割協議をした。
 
 
1.相続人△△△△が相続する財産   ↓不動産登記簿謄本通り記載します
 (1)三重県‐‐市‐‐町‐‐字‐‐番 宅地 ‐‐.‐‐㎡
 (2)三重県‐‐市‐‐町‐‐字‐‐番地 家屋番号‐‐番‐‐
    居宅 ‐‐造‐‐葺2階建 床面積 1階‐‐.‐‐㎡ 2階‐‐.‐‐㎡
2.相続人□□□□が相続する財産
 (1)‐‐銀行‐‐支店 普通預金
    口座番号 ‐‐‐‐‐‐‐
以上
 上記の通り遺産分割協議が成立したことを証するため、本協議書2通を作成して署名押印し各自1通ずつ保有する。
 
平成‐‐年‐‐月‐‐日             ↓相続人が自分で署名し、実印を押します
      ‐‐県‐‐市‐‐町‐‐番地
            相続人  △△△△  実印
      ‐‐県‐‐市‐‐町‐‐番地
            相続人  □□□□  実印
 
 弊事務所では、遺産分割協議書を作成いたします。遺産分割内容が協議の上決定してからご依頼ください。なお、遺産分割協議書内容の正確を期すため、作成前に相続人確認書類(戸籍謄本など)や不動産(登記簿謄本など)の財産がわかる書面を確認させていただきます。
 ご相談・ご依頼は、
 ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2007 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.