TOP ご依頼はこちらから 料金 事務所案内 特定商取引法 行政書士鈴木法務事務所
 三重 相続手続きサポート  > 公正証書遺言作成 > 作成の注意点
 相続
■相続手続きについて
 ▶ 相続手続きの流れ
 ▶ 相続の主な手続き
 ▶ 相続、まずは何から
■相続人調査
 ▶ 相続人について
 ▶ 相続分とは
 ▶ 相続人調査
■相続財産調査
 ▶ 相続財産調査
■遺産分割協議書作成
 ▶ 遺産分割の方法
 ▶ 遺産分割協議書作成
■相続税・贈与税
 ▶ 相続税①
 ▶ 相続税②
 ▶ 相続税③
 ▶ 贈与税
■名義変更手続き
 ▶ 自動車
 ▶ 車庫証明
 遺言
■遺言について
 ▶ 遺言能力
 ▶ 遺贈
 ▶ 遺言の執行
 ▶ 遺言の撤回
 ▶ 遺言の無効と取消
 ▶ 検認
 ▶ 遺留分
■遺言の方式について
 ▶ 普通方式
 ▶ 特別方式
■公正証書遺言作成
 ▶ 作成の注意点
 ▶ 公証作成の手数料
作成の注意点
  弊事務所では、遺言の方法として「公正証書遺言」をおススメ致しております
公正証書を作成する場合の注意点
1.用意する資料
 ①遺言者の印鑑証明書(発行後3か月以内のもの)と実印
  又は運転免許証・パスポート・住基カード(写真付きのもの)と認印
 ②遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
  (遺言者とその子が記載されているもの →改正原戸籍などの除籍謄本)
 ③相続人以外の人に遺贈するときは、その人の住民票
 ④不動産の固定資産評価証明書と建物の登記事項証明書
 ⑤預貯金通帳又はその口座番号のメモ、株式の名称と株数などのメモ
 
2.証人(遺言に立ち会う人)が2名必要です
 相続人や受遺者及びその配偶者など利害関係のある人は証人になれません
 
3.「遺言執行者」及び「祭祀主宰者」について考えておいてください
 
4.遺言者が病気のために公証役場へ行くことができないときは、公証人が出張して作成してくれます
 ただし、公証人への手数料支払いは50%超加算となります
(その都度、各公証人へ確認いたします)
 
5.遺言者が、自分の意思で遺言の内容を話せないと作成できません
 意思がはっきりしていれば、目が見えない方、口がきけない方、耳が聞こえない方も遺言することができます
ご相談ください
 
6.遺言の内容によっては作成までにかなり時間がかかりますのでご了承ください
また、公証役場の予約状況によっては他の人とかち合うこともあります、余裕を持ってご依頼ください
 
 ご相談・ご依頼は、
 ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2007 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.