TOP ご依頼はこちらから 料金 事務所案内 特定商取引法 行政書士鈴木法務事務所
 三重 相続手続きサポート  > 遺言について > 遺贈
 相続
■相続手続きについて
 ▶ 相続手続きの流れ
 ▶ 相続の主な手続き
 ▶ 相続、まずは何から
■相続人調査
 ▶ 相続人について
 ▶ 相続分とは
 ▶ 相続人調査
■相続財産調査
 ▶ 相続財産調査
■遺産分割協議書作成
 ▶ 遺産分割の方法
 ▶ 遺産分割協議書作成
■相続税・贈与税
 ▶ 相続税①
 ▶ 相続税②
 ▶ 相続税③
 ▶ 贈与税
■名義変更手続き
 ▶ 自動車
 ▶ 車庫証明
 遺言
■遺言について
 ▶ 遺言能力
 ▶ 遺贈
 ▶ 遺言の執行
 ▶ 遺言の撤回
 ▶ 遺言の無効と取消
 ▶ 検認
 ▶ 遺留分
■遺言の方式について
 ▶ 普通方式
 ▶ 特別方式
■公正証書遺言作成
 ▶ 作成の注意点
 ▶ 公証作成の手数料
遺贈
 ■遺贈 ・・・ 遺言で財産を与えること
     ⇒ 相続人に対する遺贈は、遺産分割協議の指定とみなされます
     ⇒ 遺贈は、契約ではありません
     ⇒ 遺贈は、遺言者が死亡した後なら、放棄することができます
 
 ■受遺者(じゅいしゃ) ・・・ 財産をもらう人
     ⇒ 受遺者は、相続人のようになります
     ⇒ 例えば、3人相続人がいて1人受遺者がいれば、4人が共同相続人になるのと同じになります
   受遺者は、遺言者が死亡した時に生存していなければなりません
 ■包括遺贈
 包括遺贈は、遺産の全部についてその全部や何分の1かなどと割合を示して与えるものです
 ■特定遺贈
 包括遺贈以外の遺贈は特定遺贈となります
    例 ・・・ 「家を与える」「宝石を与える」「車を与える」とか特定な財産を指定して与えるような場合
          なお、債務の免除も特定遺贈です
 相続分の指定や遺贈をする場合、法定相続人の遺留分については侵害することはできません
 ◇負担付遺贈
    例 ・・・ 「家をあげるから子供の面倒をみてくれ」というような場合
          もし、受遺者が負担を実行しない時は、相続人が催促します
          実行されない場合、遺言の取消を家庭裁判所に請求できます
 
 ご相談・ご依頼は、
 ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2007 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.