TOP ご依頼はこちらから 料金 事務所案内 特定商取引法 行政書士鈴木法務事務所
 三重 相続手続きサポート  > 遺言について > 遺言の無効と取消
 相続
■相続手続きについて
 ▶ 相続手続きの流れ
 ▶ 相続の主な手続き
 ▶ 相続、まずは何から
■相続人調査
 ▶ 相続人について
 ▶ 相続分とは
 ▶ 相続人調査
■相続財産調査
 ▶ 相続財産調査
■遺産分割協議書作成
 ▶ 遺産分割の方法
 ▶ 遺産分割協議書作成
■相続税・贈与税
 ▶ 相続税①
 ▶ 相続税②
 ▶ 相続税③
 ▶ 贈与税
■名義変更手続き
 ▶ 自動車
 ▶ 車庫証明
 遺言
■遺言について
 ▶ 遺言能力
 ▶ 遺贈
 ▶ 遺言の執行
 ▶ 遺言の撤回
 ▶ 遺言の無効と取消
 ▶ 検認
 ▶ 遺留分
■遺言の方式について
 ▶ 普通方式
 ▶ 特別方式
■公正証書遺言作成
 ▶ 作成の注意点
 ▶ 公証作成の手数料
遺言の無効と取消
 ■遺言には無効になるもの、取り消すことができるものがあります
 ①遺言能力のない者(満15歳でない者)の遺言は無効
 ②行為能力の規定は適用されない
 ③詐欺・脅迫による遺言は取り消すことができる
 ④成年被後見人の場合、能力を回復した状態で2人以上の医師の立会いがあれば有効。
   そうでなければ無効
 ⑤被後見人が、後見の計算終了前に後見人・後見人の配偶者・後見人の直系卑属に有効な
   遺言をした場合は無効
 ⑤で、後見人が被後見人の直系血族・配偶者・兄弟姉妹であるときは、後見の計算終了前でも有効です
 
 ご相談・ご依頼は、
 ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2007 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.