TOP ご依頼はこちらから 料金 事務所案内 特定商取引法 行政書士鈴木法務事務所
 三重 相続手続きサポート  > 遺言について > 遺言能力
 相続
■相続手続きについて
 ▶ 相続手続きの流れ
 ▶ 相続の主な手続き
 ▶ 相続、まずは何から
■相続人調査
 ▶ 相続人について
 ▶ 相続分とは
 ▶ 相続人調査
■相続財産調査
 ▶ 相続財産調査
■遺産分割協議書作成
 ▶ 遺産分割の方法
 ▶ 遺産分割協議書作成
■相続税・贈与税
 ▶ 相続税①
 ▶ 相続税②
 ▶ 相続税③
 ▶ 贈与税
■名義変更手続き
 ▶ 自動車
 ▶ 車庫証明
 遺言
■遺言について
 ▶ 遺言能力
 ▶ 遺贈
 ▶ 遺言の執行
 ▶ 遺言の撤回
 ▶ 遺言の無効と取消
 ▶ 検認
 ▶ 遺留分
■遺言の方式について
 ▶ 普通方式
 ▶ 特別方式
■公正証書遺言作成
 ▶ 作成の注意点
 ▶ 公証作成の手数料
遺言について
 ~ 相続にまつわるトラブルを避けるためには「遺言」を残すことが良い方法でしょう ~
 
 ■遺言とは ・・・ 人が死ぬ前に書き残す言葉を言います
 もし遺言がない場合・・
  通常なら法定相続分を基準にして、相続人どうしの遺産分割協議によって相続の内容が決定されます
 
 しかし、当事者間での協議がスムーズにいかず、トラブルとなることがあるかもしれません
 
 また、生前お世話になった方に遺贈をしたかったり、
 逆に、特定の人には相続させたくない場合もあるかもしれません
         
 このようなことを想定して「遺言」を作成しておけば、後々のトラブルなどを未然に防ぐことができます
 遺言なら、自分の財産をどのように分けるか、誰にわたすかといったことを具体的に指定することが可能です
 
遺言能力
 ■遺言は、15歳以上ですることができます
     ⇒ 未成年者でも、被保佐人でも被補助人でもできます
     ⇒ 成年被後見人でも意思能力が回復していればすることができます
 
 ■遺言は、1人でしなければなりません
     ⇒ 共同遺言(例えば「夫婦2人で一緒に」など)は、禁止されています
 
 ご相談・ご依頼は、
 ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2007 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.