TOP プロフィール 事務所案内 お問い合わせ 報酬額表 特定商取引法 リンク集 BLOG
 相続・遺言・成年後見
■三重 相続手続きサポート
 許認可申請
■書類の書き方相談
 ▶ 書類の書き方相談
■官公署への許認可申請
 ▶ 許認可営業の業種
 ▶ 許認可申請について
■農地法許可申請
 ▶ 農地法許可について
 ▶ 農地法許可申請サポート
■パスポート申請代理・代行
■産業廃棄物収集運搬業許可
 ▶ 産廃収集運搬業許可
   (保管・積替を除く)
■建設業許可
 ▶ 建設業許可
 法人設立
■法人設立について
 ▶ ビジネスモデルについて
 ▶ 会社法施行に伴う変更点
 ▶ 設立にかかる行政手数料
■会社について
 ▶ 株式会社について
 ▶ (有)→(株)組織変更
 ▶ 合同会社(LLC)について
 ▶ LLPについて
■会社機関について
 ▶ 機関設計について
 ▶ 会社機関を設計する
 ▶ 機関設計39種類
 ▶ 機関設計変更
■(電子)定款について
 ▶ 定款について
 ▶ 定款の構成について
 ▶ 電子定款作成
 ▶ 定款チェックの必要性
 ▶ 定款チェック
■法人設立サポート
 ▶ 株式会社設立
 ▶ 合同会社(LLC)設立
 ▶ LLP設立
■組織変更サポート
 ▶ 特例有限会社→株式会社
(有)→(株)組織変更について
 平成18年5月1日施行の会社法により、有限会社制度は廃止されました
旧有限会社が通常の株式会社に移行するためには
 (1)定款を変更してその商号を「株式会社」という文字を用いたものに変更すること
 (2)定款変更の決議から、当該旧有限会社についての解散の登記
 及び商号変更後の株式会社についての設立の登記をすること
   →本店の所在地においては2週間以内
   →支店の所在地においては3週間以内
 が必要となります。
        
有限会社制度自体は廃止されているので、この特例有限会社について
 いつまでも存続できないリスク
があります
 あくまでも「経過措置により」なので特例有限会社が廃止されないとは言い切れません
 弊事務所では、有限会社から株式会社への組織変更サポートを行っています
 特例有限会社→株式会社 へ
 
当面の間は特例有限会社のまま存続させる場合には
 当面の間は特例有限会社のまま存続させる場合には・・・
法律上定款変更は不要かもしれませんが、実際上会社法に合わせた
 
定款変更をする方が将来的に企業活動の混乱を防げるかと考えます
  →旧有限会社時代の古い用語を用いた定款をそのまま使っていると、
  イザというときに読み解くのに時間が掛かったり、手続きが煩雑になる可能性があります
 弊事務所では、定款チェックを行っています
 定款チェック へ
 
株式会社のメリット・特例有限会社のメリット
◇株式会社の主なメリット
 1.「株式会社」を名乗ることで会社イメージの向上
 2.株主間の株式譲渡を制限できる
 3.会社組織の機関設計を柔軟に変更することができる
 4.M&Aの際に、存続会社となることができる
 5.株式交換、株式移転をすることができる
 6.総会議題と議案提案権を厳しくできる
 7.特別精算制度の適用がある
 8.金融機関に対する信用の向上                       など
◇特例有限会社の主なメリット
 1.取締役及び監査役の任期を定める必要がない
 2.監査役の業務は会計監査のみ
 3.会計監査人の監査は不要
 4.決算広告の義務が免除されている
 5.株主総会の特別決議要件が厳格                     など
 弊事務所では、有限会社から株式会社への組織変更サポートを行っています
 特例有限会社→株式会社 へ
 お困りごとの相談や業務の依頼などは、
  ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2006 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.