TOP プロフィール 事務所案内 お問い合わせ 報酬額表 特定商取引法 リンク集 BLOG
 相続・遺言・成年後見
■三重 相続手続きサポート
 許認可申請
■書類の書き方相談
 ▶ 書類の書き方相談
■官公署への許認可申請
 ▶ 許認可営業の業種
 ▶ 許認可申請について
■農地法許可申請
 ▶ 農地法許可について
 ▶ 農地法許可申請サポート
■パスポート申請代理・代行
■産業廃棄物収集運搬業許可
 ▶ 産廃収集運搬業許可
   (保管・積替を除く)
■建設業許可
 ▶ 建設業許可
 法人設立
■法人設立について
 ▶ ビジネスモデルについて
 ▶ 会社法施行に伴う変更点
 ▶ 設立にかかる行政手数料
■会社について
 ▶ 株式会社について
 ▶ (有)→(株)組織変更
 ▶ 合同会社(LLC)について
 ▶ LLPについて
■会社機関について
 ▶ 機関設計について
 ▶ 会社機関を設計する
 ▶ 機関設計39種類
 ▶ 機関設計変更
■(電子)定款について
 ▶ 定款について
 ▶ 定款の構成について
 ▶ 電子定款作成
 ▶ 定款チェックの必要性
 ▶ 定款チェック
■法人設立サポート
 ▶ 株式会社設立
 ▶ 合同会社(LLC)設立
 ▶ LLP設立
■組織変更サポート
 ▶ 特例有限会社→株式会社
定款について
  定款とは、会社の根本規則、いわば「会社の憲法」と言われるものです
 定款には、商号や目的、事務所の所在地などを定めます
  この定款を定めること自体が社団法人の設立行為となります(民法第37条)
  なお、設立時の定款のことを「原始定款」といいます
 ■定款には、「絶対的記載事項」「相対的記載事項」「任意的記載事項」という3つの記載事項があります
絶対的記載事項
 絶対的記載事項とは、定款に必ず記載しなければならない事項のことです
 (ⅰ)目的
 (ⅱ)商号
 (ⅲ)本店の所在地
 (ⅳ)設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
 (ⅴ)発起人の氏名又は名称及び氏名
相対的記載事項
  相対的記載事項とは、定款に必ず記載しなければならないというものではないが
 記載しないとその効果を生じない事項のことです
  その一部を示すと、
 ○種類株式の発行
 ○株券発行
 ○株主総会及び種類株主総会の定足数、議決要件の法定要件と異なる定め
 ○取締役会、会計参与、監査役、監査役会、会計監査人及び委員会の設置
 ○取締役及び監査役の任期伸張
 ○取締役、会計参与、監査役、執行役、及び会計監査人の責任免除
任意的記載事項
  任意的記載事項とは、絶対的記載事項及び相対的記載事項以外で、
 会社法等の法律の規定に反しなければ、定款に定めてもよいされる事項のことです
  その一部を示すと、
 ○株主名簿の基準日
 ○定時株主総会の招集時期
 ○株主総会の議長
 ○議決権の代理行使
 ○取締役、監査役、執行役の員数
 ○代表取締役、役付取締役(会長、社長、副社長、専務取締役、常務取締役等)
 ○事業年度
 ○公告方法
 定款の構成について 
 弊事務所では定款作成代理人としてサポートします
 定款作成サポート 
 定款チェック 
 機関設計変更サポート 
 株式会社設立サポート 
 特例有限会社→株式会社へ組織変更サポート 
 お困りごとの相談や業務の依頼などは、
  ■インターネット(24時間受付)
     
 から、ご連絡ください。
 
Copyright©2006 行政書士鈴木法務事務所. All rights reserved.