(公社)緑化推進協会とは 行事・イベント 募金 基金 協会の活動 緑の少年隊 森林ボランティア お問合せ リンク
どんぐりくん

三重県緑化推進協会へようこそ

公益社団法人三重県緑化推進協会は、緑の募金法に基づき「緑の募金」を行う県内唯一の団体で、地球温暖化防止をはじめとした森林の働きへの期待が高まるなか、「緑の募金」の原資として緑豊かな住みよい環境づくりを目指して森林・緑づくりの県民運動を展開しています。

詳しくはこちら
最新ニュース
平成29年10月23日ホームページを更新しました。  
〇平成29年10月21日(土)エレコムフォレスト山の音楽会が開催されました。
 当日は、台風接近であいにくの雨模様でしたが、森林インストラクターの案内で自然の森の見学とこれまでの成長の移り変わりの説明を受け、森の大切さを学びました。また、地元尾鷲高校の吹奏楽部と有志のコカリナのさわやかな演奏がコミュニティーセンターで行われました。また、曽根区の皆様により、昼食としてカレーと善哉がふるまわれました。(詳細は表題をクリック)

〇第11回森林ボランティア交流大会参加募集のお知らせ 

 森林ボランティア活動の活性化や技術の向上を図るため、相互の交流を深める第11回三重県森林ボランティア交流大会を平成29年11月16日(木)に津市白山町二本木4009-3特別養護老人ホーム「優美」隣接の林間公園「芙蓉苑」及び三重県林業研究所で別紙「開催要項」のとおり開催します。日ごろから活動の輪を広めたい、技術向上のための情報を得たいなど考えておられる団体は、是非ご参画ださい。参加申し込みは、添付の「三重県森林ボランティ交流大会参加申込書」に「参加団体活動状況報告書」を添付のうえ11月8日までにメール:mieryokusui@ztv.ne.jp又は郵送(〒514-0003津市桜橋1丁目104 (公社)三重県緑化推進協会)でお願いします。
 「森林インストラクター・熊野古道語り部と廻る熊野古道森林ウォーキング」
平成29年10月15日(日)に「森林インストラクター・熊野古道語り部と廻る熊野古道森林ウォーキング」を紀北町の熊野古道「馬越峠」で開催しました。
 
 県民参加の植樹祭「真珠のように輝く植樹祭」開催 (詳細ここををクリック) 
 平成29年10月8日(日)に鳥羽市鳥羽地内のドルフィン広場で三重県、鳥羽市、みえ森づくりサポートセンターと共催で植樹祭を開催しました。晴天に恵まれ、10時に開催式、15時から85名の参加を得て植樹活動を行い、ヤマモモを渡邉副知事、中村市長、緑の女神などによる記念植樹、その後、一般植樹に移りウバメガシを60本植栽しました。
〇株式会社中京銀行様から「緑の募金」の寄贈がありました。
 平成29年10月13日、株式会社中京銀行様から「緑の募金」508,244円を頂きました。 同行は社会貢献活動を積極的に行っており、その一環として「<中京>エコ定期2017」を募集し、預金残高に一定の割合を乗じた金額を「緑の募金」としていただいたものです。今回で5年目を迎え、累計で1,901,908円寄附をいただいております。
○当協会は、正会員と賛助会員を募集しています。
 賛助会員は年会費一口5,000円で、緑の募金と同様の税の優遇措置があります。正会員は年会費10,000円で、協会運営に参画していただきます。詳細は、事務局にお問合せください
 
「緑の募金」飲料自動販売機の設置にご協力をお願いします。
メニュー
行事・イベント案内
募金・基金
FAQ
協会の活動
緑の少年隊
森林ボランティア
お問合せ・サイトマップ
リンク
緑の募金でふせごう地球温暖化


 
募金のお願い
森林・緑は、私たちに限りない恵みを与えてくれる、かけがえのない国民共通の財産です。緑の募金は、森林・緑づくりのために活用されています。
お問合せ
協会へのお問合せはこちらへ
公益社団法人三重県緑化推進協会
〒514-0003
三重県津市桜橋1丁目104番地
TEL 059-224-9100
FAX 059-224-9118
 
三重の巨樹・古木
西念寺のカヤ
説明は写真をクリックしてください
伊賀市島ヶ原 西念寺
花のメール
「玉城町四季のいろどり」より
フジバカマ
科目:キク科 漢字:藤袴
コメント:-秋の七草」の一つで、万葉の時代から人々に親しまれてきた植物。 環境省カテゴリ:準絶滅危惧(NT) 三重県:絶滅危惧T類
 近似種 ヒヨドリバナ、サワヒヨドリ
 フジバカマとサワヒヨドリの交雑種にサワフジバカマがあり、園芸店ではフジバカマとして販売されているとのこと。
 フジバカマの葉は短い葉柄があり、基部から3裂するのではなく、葉身部分が深裂する形。(重井薬用植物園HP説明) 有毒物質のピロリジジンアルカロイドを含有。