阿部科学教育アーカイブスができること|物理実験を通して創造性豊かな人材を育てます


 阿部科学教育アーカイブス

 所在地:三重県津市中央5−14 
 電 話:059−228−4746 
 代 表:阿部 幸夫 

阿部科学ロゴ

阿部科学教育アーカイブス
   

塾長の独り言


2016/10/06

教室写真

2016/10/06
【日本人3年連続ノーベル賞】大隅先生おめでとうございます。政府・マスコミは明るい話題に浮かれていますが,ここ3年の受賞者インタビューは、よく似ています。
「30年先も同じ状況が続くとは限らない。日本は基礎研究に力を入れないと・・・。」
今日の受賞者している学者は,日本が戦後復興のために理科教育に重点を置いた時期に高校・大学へ行った人たちです。その頃、高校生全員が物理・化学・生物・地学が必修でした。今は,その時代より科学的なリテラシーが脆弱になってはいないか。政府・行政は受賞者の言葉に,もっと重きを置いて耳を傾けるべきでは?

2016/10/17

教室写真2016/10/17
【学校で実験が減った原因は】 授業内容が増えただけではない。生徒に工作や科学実験をさせると危険が伴います。カッターで手を切ったり,感電しそうになったり。何十年と見ていると生徒が不器用になってきている感があります。先生方にとっては生徒に怪我させることは避けたいですが,それ以上に親からの文句や,その防波堤になれない頼りない上司の存在も気になるのでしょうね。私が小学生の頃,職人気質の親は家庭訪問された先生に,「子供が死なない程度であれば,どれだけでも絞ってやってくれ」と頼んでいました。そう言われると先生もやりやすいですね。サントリーの佐治敬三さん,問題発言もありましたが,「やってみなはれ,やらしてみなはれ」は名言です。そんな上司は少なくなりましたね。