20周年発表会フィナーレ
SJM  Society of Japanese Magiciansについて
                  SJM代表  瀬島順一郎

1988年のFISMハーグ大会で故風呂田政利が代表となり、初めて日本からFISMの会員クラブとして承認されたのがSJM(Society of Japanese Magicians)です。その時、私が日本からの審査員を努めました。
 1994年にはFISM横浜が開催され、FISMが初めてヨーロッパを出た記念すべき大会になりました。その時の総会で日本奇術協会がFISMの会員クラブとして承認されました。現在は日本に2つのFISM会員クラブがあります。それがSJMと日本奇術協会です。SJMの会員数は70名で登録してあります。2000年FISMリスボンから瀬島順一郎が風呂田政利氏に代わり代表となりました。その年からSJMの活動実態としてICMコンベンションを立ち上げました。今年で8回目を迎えます。もちろん津奇術グループも年一回の発表会やクロースアップ大会を開催していますからSJMの活動実態は十分にあります。ICMコンベンションの参加クラブをSJMの会員数にすると多すぎますので、津奇術グループの会員を核として70名という登録にしてあります。
 こと度、日本奇術協会とSJMは日本を代表するFISMクラブの会員として協力してFISMコンテストの選考をすることになりました。来年の8月には東京の九段会館で合同の選考会とコンベンションを開催する運びとなりました。参加費はSJMの会員は割引されますのでご希望の方はこのホームページのe-mailで申し込んでいただきましたら、まとめて参加申し込みもいたします。



新聞の切抜きから!
津奇術グループについて
久居マジック 松阪マジック 鳥羽マジック 四日市マジック
清崎博画伯 マジックコンテスト入賞
U部 ホテルにて
Copyright©2006-2013[津奇術グループ]All rights reserved