マーフィー幼児教室では子供の持っている能力を最大限に引き出すため、母と子のペアスクール、0歳児から小学3年生までの教室とマタニティー対象の胎教教室を三重県津市で開室しています。


小学生の暗唱について

マーフィーの学習の中で、卒業生達が一番印象に残っている取り組みに、「詩、名文、古文、漢文の暗唱」があります。そして、この暗唱こそが、中学・高校生になった時に、卒業生が「やっててよかった」と実感してくれる一番の取り組みで、嬉しいエピソードを沢山いただいています。
小学1年生から6年生まで、各学年ごとに、一斉に暗唱週間として始まる取り組みですが、それではなぜマーフィーでは小学生に暗唱をおすすめするのか? 
そして、最も効果の上がる取り組み方は?というお問い合わせへの答えを、改めてお話ししてみようと思います。

【目的】

左脳が考えるための新しい配線(脳神経経路)を活発に増やす小学校期、特に1年生から3年生は、これから先学習していくための基礎学力が育つ黄金期です。この時期には毎日コツコツと家庭学習を積み重ねる一方で、期間を定めて様々な知識を各自の限界まで詰め込んで、自分の限界を突破していく経験をすることも大変有効な学習法です。
「詰め込み教育はよくない」と思っている方もいるかもしれませんが、この時期は脳の前頭全野が発達し、続いて頭頂連合野や側頭連合野も大きくなるので、少し難題と思えることにもチャレンジして、暗記を繰り返すことで、知識が入る器を広げることができます。
「暗記をする」という作業は、短期記憶を鍛える取り組みです。「作業記憶」とも呼ばれるワーキングメモリーは一度覚えても忘れてしまう記憶のことで、前頭前野に保存されます。このワーキングメモリーを司る脳の部分が、ものを考えたり決断したり、会話したりする時に使用される部分ですので、ワーキングメモリーの能力が高い人ほど、前頭前野がよく働き、能力も高くなるということです。
マーフィーが長年にわたり、大切に取り組んできた「暗唱」には、単純に「もの覚えのよい子に育てる」だけにとどまらず、「よく考え」「自ら決断し」「人の話をよく聴けて、自分の意見をはっきり話せる」という、様々な可能性をかけてやっている取り組みです。

【効果的な取り組み方】

小学校1年生は30の詩の暗唱にチャレンジしますが、例えば1週目に6つの詩を頑張って覚えたとしましょう。そこまでは何とか覚えられましたが、なぜか7つ目も続けて覚えようとしても、1行も覚えられない時がやってきます。これは、今詰め込んで覚えられる短期記憶の限界です。限界に来たら、一度休ませて下さい。1日~2日何もしない日をつくり、しっかり脳に休息を与えます。最も有効な休息は、夜10時すぎから早朝までぐっすり睡眠を取ることで、この間に脳の司令塔である海馬も手伝って、未整理の状態で詰め込まれた情報を寝ている間に整理整頓してくれます。すると情報が整理されたことで、ワーキングメモリーに空き容量が出来て、しばらくして暗記を再開すると不思議なことに前回よりも、たくさんの詩を覚えることができます。そして、また休息し、また再開しを繰り返すたびに、どんどん記憶できる容量が増えていく!!という体験を、頑張ってくださった親子さんなら、多かれ少なかれ体験していただけるはずです。
 でも中には、暗唱するタイミング的に、どうしても暗唱に向き合えず、全くやる気が出ない…などということも、もちろんあるかもしれません。そんな場合は遠慮なく、個別にご相談くださいませ。

【覚えたらマーフィーの先生の前で暗唱してみよう】

  • ★1週間かけて覚えたページには、付箋を貼るなどして、どのページを教室で暗唱するのか、わかりやすい目印を付けてきてください。
  • ★1日に1つや2つ覚えて、毎日マーフィーに言いに来ても、ワーキングメモリーは鍛えることはできません。1週間かけて次の週まで覚えておいてこそ、記憶の器に負荷がかかり、大きくしていくことができますので、1週間はキープして、次の週のレッスン時に覚えたページを先生に聞いてもらうことにしましょう。
  • ★ただし、次週のレッスンが祝日でお休みの場合に限り、その週のほかの曜日(教室が開いてる日)に冊子を持って言いにいらしてください。
    ということで、同じ週に2度以上先生に聞いてもらうのはやめましょう。
  • ★きちっと覚えられたかどうかの判定は、1ページにつき2度まで先生が助けて最後まで言えたら「合格」とします。つっかえつっかえの7~8割の覚え方で合格にしてしまうと、中途半端に覚えた気になってしまう癖がついてしまうので、スラスラ言えるようになるまで、頑張りましょう。

【最後に・・・】

この暗唱という取り組みを通して、子供たちは自分の限界を突破していく成功体験を、そして、応援していただくお父さん、お母さんには、我が子の秘められたる能力の素晴らしさに気づいていただきたい願っています。
マーフィーっ子、がんばれ~~!


体験レッスン又は資料請求をご希望の方はお気軽にどうぞ

ページの上部へ