実施時間

【完全予約制・定員有り】(なお、当校は日、祝日は実施しておりません。)

高齢者講習の実施時間(平日)
午前の部 9時から12時まで
午後の部 13時から16時まで

内容

■座学:ビデオなどで交通ルールを再確認します。

■適性検査:動体視力や夜間視力を測定します。

■運転実技:教習車を運転して、運転技術を確認します。

※内容は年齢や認知機能検査の結果により異なります。

70歳以上の方

運転免許の更新時に高齢者講習を受けなければなりません。

75歳以上の方

高齢者講習に加え、記憶力や判断力の状態を検査するための
「認知機能検査」を事前に受ける必要があります。

講習当日に必要なもの

講習手数料
75歳未満の方 5,100円
75歳以上の方の認知機能検査 750円
75歳以上の方の高度化講習 7,950円
75歳以上の方の合理化講習 5,100円
75歳以上の方の臨時講習 5,800円

■講習通知書

■免許証

■眼鏡
必要な方は持参してお越し下さい(視力の測定をします)

■運転しやすい服装
下駄、ハイヒール、サンダル、クロックス、和服など、運転に適していない服装・靴は不可

ご注意

■講習開催日時は季節により変わる場合がありますので予約時に必ずご確認ください。

■講習当日の集合時間に遅れますと受講できませんので、遅刻のないようにしてください。

■予約は免許証有効期限の6ヶ月前から可能です。

■予約のない方は受講できませんので必ず事前に予約してください。

■臨時講習については免許更新時と同様、事前の認知機能検査の結果に基づいて臨時高齢者講習を受けたり、
臨時適性検査や医師の診断書提出が必要になることもあります。
場合によっては免許停止や免許取消しもありますので注意してください。

■ 臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けない場合、
医師の診断書を提出しない場合には、運転免許の停止または
運転免許が取り消しになることがありますので十分注意してください。

講習までの手続き

75歳未満の方は、合理化講習(2時間講習)の後、免許更新となります。
75歳以上の方は、事前の認知機能検査の結果によって、
高齢者講習の内容が変わります。
認知機能検査の結果は、「第1分類:記憶力・判断力が低くなっている方」
「第2分類:記憶力・判断力が少し低くなっている方」
「第3分類:記憶力・判断力に心配のない方」の3つに分類されます。

第1分類(記憶力・判断力が低くなっている方)

臨時適正検査(都道府県公安委員会が指定する専門医またはかかりつけ医への受診)を行うか、
医師の診断書の提出が必要になります。認知症と判断された場合は、
免許停止または免許の取り消しに、認知症と判断されなかった場合は、
「高度化講習(3時間講習)」を受けることになります。

第2分類の方(記憶力・判断力が少し低くなっている方)

高度化講習(3時間講習)を受けます。

第3分類の方(記憶力・判断力に心配のない方)

合理化講習(2時間講習)を受けます。

認知機能検査とは

認知機能検査は、記憶力や判断力を測定する検査です。
この検査により、自動車を運転し続けても問題ないかどうかを判断します。
検査内容は、「時間の見当識(けんとうしき)」「手がかり再生」「時計描画」の3つです。

1.時間の見当識(けんとうしき)

「今年は何年ですか?」「今は何月ですか?」など、
検査を受けたときの年、月、曜日、時間を聞かれて答える検査です。
見当識(けんとうしき)とは、現在の年月や時間、どこにいるかなど、
自分が置かれている状況の認識のことです。

2.手がかり再生

計16枚のイラストを見せられ、検査員の説明を受けながら記憶をします。
記憶したイラストを、まずはヒントなし、その後ヒントありの状態で思い出し、回答をします。
手がかり再生の検査では、記憶力の状態を確認しています。

3.時計描画

検査員が告げた時刻を指し示す時計の絵(アナログ時計)を書きます。
時計は、一般的に誰でも理解できるものであり個人の教養にも左右されません。
時間もかからないということで、認知症の傾向があるかどうか、
また認知症の進行具合を判断するテストとして認知機能検査だけでなく広く使われています。