HOME > =尾鷲ヒノキについて=

尾鷲ヒノキについて

三重県尾鷲市は日本有数の多雨地帯です。
その中で育つ「ひのき」は赤味が多く、香りが強いことで有名です。尾鷲ヒノキを代表とする豊富な森林資源に恵まれた尾鷲市は三重県南部の林業の中心的な存在であり、木工製品の生産や継承に日々取り組んでいます。
私たちは、柱などの部材を作る際に捨てられる存在であった「端材」や「間伐材」、加工しづらいと言われる木の根元部分「もとがえし」から製品を作ることで、尾鷲ヒノキという素材を捨てる事なくすべて使いきり、環境に優しいもの作りを進めています。

代表 大 形 弥 生







えびすやは『ヒノック』として
美し国おこし・三重のパートナーグループに
登録・活動しています。