概 要
 


TOP > 概 要 >あゆみ歴史と沿革 組織概要図


名  称 中勢用水土地改良区 ( 愛称:ネット中勢 ・みどりネットちゅうせい)
設  立 昭和47年8月2日
理 事 長 田 村 宗 博
所  在 三重県津市納所(のうそ)町520番地  Tel 059-224-1307
業  務 国営及び県営事業で造成された水利施設の維持管理
受  益  津市と亀山市 3,183ha(田2,914ha 畑255ha その他14ha)
組織構成 組合員約 6,300名、総代100名、理事33名、監事3名、職員12名詳しい組織概要図はこちら
安濃ダム ダムホームページ: http://www.pref.mie.lg.jp/TNORIN/HP/36807031457.htm
地  勢

受益地は、補給水路が地形を縫う様に走り、右に折れると思えば、急な傾斜を駆け昇り、そして谷をくぐると云うように、変化に富んだものとなっている。水路を埋設する地質は山の岩あり、風化土あり、谷の湿地あり、それは水路にとって過酷と云うほかない。


赤線:国営県営パイプライン総延長約120km 伊勢湾エリアでの位置関係、規模比較。
 パイプライン総延長120kmを直線距離にすると、津市から西は神戸、東は浜松までになる距離です。
安濃ダムの貯水量は、東京ドーム約8.5杯分の容量があり、
満水(錫杖湖)面積は、
サッカーグラウンド約45個分もの広さになります。


   
み ど りネット


 土地改良区が組合でなく区(地区、区域等)となる名称をもちいたのは、改良区:Land improvement district = 地縁的性格の団体であるためです。新たに改良区の愛称も“水土里ネット”に決まり、ますます地域とのふれあいを大切に、“水土里ネット中勢”の役割と姿を創造していきたいと思います。
 
  「
」は農業用水、地域用水などを
  「
」は土地、農地、土壌などを
  「
」は農村空間や農家・非農家の生活空間などを意味します。
 
 水土里(みどり=緑)には“自然”とか“環境への影響を少なくする”意味があることから、豊かな自然環境や美しい景観を意味し、おいしい水、きれいな空気など清廉なイメージを表現しています。
 
 土地改良区は、全国40万km(地球10周分)に及ぶ水路などのネットワークによって農村の健全な水環境を形成し農地を潤すことにより、安全で安心な「食」と「農」の基盤づくりを担うとともに、これが国民共有の財産である美しい農村の基礎ともなっているとの役割を地域及び国民にアピールし、併せて、人・物・情報のつながりにより農家のみならず地域住民や都市住民と連携(ネットワーク)して「」「」「」を創造し、都市と農村の共生対流を促進するなどの将来に向けた土地改良区の役割と姿を表現しています。
 
 また、近年に環境に対する意識の高まりから、土地改良法に「環境との調和への配慮」が記されました。管理団体という概念を解き、生態系保存や治水効果等多面的機能の発揮から地域に貢献できることなど、皆さんの
“水土里ネット中勢”という新たな視点から、皆さんの声を反映し、皆さんと一緒に交流と活躍の場を提案していきます。環境との調和に取組むことなど、当に21世紀にふさわしい新たなチャレンジだと考えます。
 
 If you want things to stay as they are,things will have to change
.
 
(大切なものをそのものとして今ある形で次代に引き継ごうと思ったならば、そのものは必ず変わらなければならない。)

 土地改良事業など大切な農業・農村の基盤について、我々自身として内発的に変化をしていかないと、21世紀において土地改良事業というものが生き残っていけない‥  英語の格言を借りて。厳しいことですが、行政主導の次代ではありません。地域に触れ、地域を知り、地域の皆さんと一緒に土地改良の未来を育んでいきましょう。





TOPに戻る


中勢用水土地改良区 (水土里ネット中勢)
〒514-0051 三重県津市納所町520番地 電話番号 059-224-1307 FAX 059-226-8221


Copyright(C)Cyuusei-YOUSUI, All Rights Reserved.