松阪ブロックのお知らせ

(このページに掲載されている内容の詳細につきましては、松阪ブロックの担当理事にお問合せ下さい。)


☆平成29年7月24日(月)
 「松阪第一生活ホーム」の見学会行事報告

 6月27日(火)に、「松阪第一生活ホーム」の見学会を行いました。参加者は8名、中野会長も忙しい中、参加していただきました。

 ホームは住宅街の中にある民家です。中古住宅を買い取ったものなので決して新しくはありません。しかし家庭的な暖かさが感じられました。

 ホームを運営するNPOの理事長さんと世話人さん2名の合わせて3名の方からお話をうかがいました。

 19年前にアパートからスタートしたそうです。現在地への移転、NPOの取得などを経て今は近くにもう一軒買い取り、それぞれ4名、計8名の方が利用されています。一般就労が5名、A型事業所1名、B型事業所2名と比較的軽度な印象です。

 世話人さんのお話では入居されたときは洗濯など、できないことが多かったそうです。それが家を出て、他人と共同生活を送るなか協調性や自立心を身につけて成長していかれたそうです。世話人さんのお一人はホームの立ち上げのメンバーで、自閉症の息子さんのお母様です。息子さんはホーム発足と同時に利用されています。たとえ障がいがあっても地域で普通に暮らしてほしいという親の思いがこのホームを作り、運営に反映されているのが伝わってきました。

 理事長さん、世話人さんの「待っていても与えてはくれない、欲しければ声を上げ、体を動かさなければなかなか手に入りませんよ」と言う言葉には重みがありました。

      

  事業所全景(左:第一、右:第二)

    

  寝室と食堂

(文責:松阪ブロック 井上)


ブロック便りに戻る