星の子(高機能)部のお知らせ

(このページに掲載されている内容の詳細につきましては、星の子(高機能)部の担当理事にお問合せ下さい。)


 星の子(高機能)部は平成16年度より発足しました新しい部で、高機能自閉症とアスペルガー症候群のお子様をお持ちの方々で活動しています。
 高い能力を持っていながらも、自閉症特有のこだわり等でなかなか一般に受け入れてもらえない子ども達に、同じ不安を抱えた者同士の仲間作りの場にしたいと思い、本人参加の行事等も様々計画しています。
 一人でも多くの方々に深いご理解と温かいご協力を頂きますようお願いいたします。


☆平成29年10月30日(月)
 「星の子ミーティング(会員限定)」の今後の予定を以下に掲載させてもらいます。

  

・11月24日(金) 10時〜12時 「城山れんげの里」地域支援棟会議室にて
 テーマ:「就労について先輩に学ぶ」(先輩には、四日市ブロック・藤井さん、津ブロック・長谷川さんをお迎えします)

・12月14日(木) 11時〜13時 「亀山ぽっカフェ」にて
 クリスマスランチ会〜今年を振り返って〜

   


☆平成29年10月30日(月)星の子ディキャンプ報告

日 時 : 9月3日(日)9:30〜15:30
場 所 : 松阪森林公園
キャンプ指導 金山好美先生
参加者 9家族24名(内保護者12名) ボランティア4名

  

 今年も金山先生の指導の下、バーベキューハウスにて星の子ディキャンプを開催させていただきました。5月に実行委員が金山先生の事業所にお邪魔し、昨年の反省を踏まえ子どもたちには塩釜ローストポーク、フランスパンのピザ、BBQアヒージョ、餃子の皮でピザ風デザート作り 母親たちはフルーツポンチを作りましょうと決定。当日を迎えました。

 金山先生から当日の流れの説明、ボランティアの学生さんの紹介。メニューごとの班分けがあり、参加の子どもたちは自分が作りたいグループに分かれました。塩釜ローストポークは肉を大胆に調理。炉で焼きます。アヒージョグループは材料を細かく刻み、オイルで材料を煮込みます。ピザグループはフランスパンの中身をくり抜き、詰め物をしてアルミに包み鉄板の上で焼きます。餃子ピザグループは、具材を切って餃子の皮に包み鉄板で焼きます。その隣で母たちはフルーツポンチを作りました。大きな建屋の中でそれぞれの活動ですから、お互いの様子も良く分かり、あっという間に沢山のメニューが出来上がりました。

 参加のお父さんたちも火の番を中心に美味しく焼けるよう手助けをしてくれました。

  

 みんなで揃っていただきますの号令で、お肉からどんどん無くなっていき、どの子も親も食欲いっぱい。会話も弾み楽しいひと時。自分たちで作ったのでおいしさもひとしおでした。
食事の後は片付けタイム。みんなでするからあっという間に終わり、その後子どもたちは水遊びグループと公園で遊ぶグループに別れ無邪気に遊びました。公園で一生懸命じゃんけんゲームをする姿は恥ずかしさも吹っ飛び、大人の年齢に達している子達も全力で遊んでいました。金山先生の子どもへの接し方はやはり勉強になります。

 この間親たちはおしゃべりタイム。お父さんたちも加わり沢山お話をしましたね。楽しかった。

 全力で遊んだ後で、帰りの会。皆さん一言ずつ感想を述べました。とっても楽しかったことが良く分かりました。

 来年のキャンプを楽しみに、皆さんお別れしました。準備など参加の親で分担し、今年も楽しく終わりました。皆様ありがとうございました。

  

※アンケートまとめ

【子ども編】
◎一番楽しかったことは?
・料理、食事が美味しかったです。
・デザート作りと休憩時間にじゃんけんをしました!
・デザートの餃子の皮を包むのが楽しかったです。川遊び楽しかったです。
・みなで協力して作ったことです。
・ドンチャンポンの一本橋がおもしろかった。(2)
・川遊び。みんなで写真撮ったのもうれしかった。ピザ作りも楽しかった。
・友達やあそんで楽しかった。
・全部

◎もう少し変えてほしいところは?
・もうちょっと作りたい。
・すべて楽しかったので特になし。
・もっと水遊びしたかった。
・一年に1回じゃなくてもっと何回もやりたい。もっとやることを増やしてほしい。
・川で遊ぶとか。1年に1回じゃなくて何回もやりたい。遊ぶ時間や、二つ選ぶのはいやだから二つ同時にやりたい。
・何かがたりない。
・暑くなくしてほしい。あと虫が多い。とくにとんぼ。

◎その他何でも
・じゃんけん楽しかったです。去年より歩けました。1回かんのはじめ勝ちました。
・おいしい物を食べていっぱい遊んで楽しかったです。また、このリーダーと遊びたいです。
・お昼を食べた。おいしかった。楽しかった。またなあ。
・どら美ちゃん、スタッフさんご苦労様でした。来年もよろしくお願いします。
・ブランコで遊んで楽しかったです。また、来年もきたいです。
・一年に2回あるといいな。
・とっても楽しかったので来年もこれたら来たいです。部活とかありませんように!
・楽しかったけど暑い!あと超まぶしい。

【保護者編】
◎一番楽しかったことは?
・お昼ごはん!食事がどれもおいしかったです。
・一緒に調理などして楽しかった。
・子どもたちがボランティアさんと一緒に調理を楽しんでいる姿が見られたこと。遊んでいる姿。親同士で話す時間がたくさんもててよかったです。
・親同士でフルーツポンチを作ったりお茶できたのが楽しかった。子どもは川遊びや料理ですごく楽しんで、親は親で楽しめる形がいい。
・みんなで楽しく笑って過ごせたことが良かったです。
・食後の保護者たちでお茶してお話したことが楽しかったです。
・キャンプは保護者のストレス発散にもなるかと思います。
・みんなでワイワイ準備したり、話ししながら楽しく食事しながらやれたのが楽しかったです。親同士で話できるのがいつも楽しいです。
・食事。子どもが楽しんでいるところ。
・楽しそうに料理している子どもたちを見ているだけでうれしくなりました。
・子ども同士の会話や協力して作業する姿が見られたとき。

◎もう少し変えてほしいところは?
・食材は決まっているとありがたいので、1週間くらい前には食材リストを出してほしかったです。
・お父さんの参加が増えてほしいです。
・毎年楽しんでいるので特にないのですが、もう一品あってもいいかなと思いました。
・ローストポーク良かった。少しの手間でやった子ども。やりがいがあるところ。
・来年はカレーライスとかは?
・親がどこまで関与していいのかわからなかった。

◎その他
・とても楽しかったです。子どもも何とか頑張ってました。ありがとうございました。BBQハウスの方が楽でした七輪はつらかった。
・何でも言える会であり楽しみです。
・お父さんの参加もありいろいろ助かりました。
・来年も同じ場所でできたらいいです。
・毎年子ども達の成長がみられるのがとても楽しみです。
・知識あるイベントリーダーさんが皆を引っ張ってくれるので安心。

【リーダー編】
◎一番楽しかったことは?
・料理と川遊び
・お友達と一緒に一本橋渡りをできたこと(2)
・皆、一緒にドンジャンケンをして盛り上がった。
・ごはんを作る時自分の役割を最後まで頑張った。

◎もう少し変えてほしいところ
・せっかくのお肉、火が通ってなくて残念でした。今後はあっとおどろく料理にしたいです。

◎その他、何でも
・楽しかったです!!みんなで過ごしていたらあっという間で少しさびしいです。
・今日一日とても楽しかったです!皆の笑顔が見れて私もうれしかったです。ありがとうございました。
・明るいお友達と出会えてよかったです。ありがとうございました。来年も来たいです。
・保護者の皆様 お世話になりありがとうございました。

  


☆平成29年10月30日(月)7月12日(水)に行われた茶話会の行事報告

 正木先生をお迎えして「親なき後を考えてみましょう」

 7月12日(水) 城山れんげの里会議室にて 参加者 17名

<参加者の感想>
・久しぶりに正木先生のお話しが聞けて元気が出ました。

・就労した人が三年たつとやめるというのは、レベルが高いために進歩がないことであきるということもあるのではないかと思うのですが、今のところ順調に行っているので困ったら考えるということでよいという結論になりました。

・実にいろいろなお話しが聞けました。レベルの高い方々はそれなりに大変な思いをされているのだな…と思いました。正木先生のお話し、いろいろなケースにそれぞれ深く配慮されていて驚きました。ハロワークはまだ未知の世界です。障がい者相談支援センターの枠をまだまだ越えていません。社会的に苦手な生活面を向上させて、いつか「就労」ができるといいなと思います。作業所に通う日々ですが、次の段階へ進むべきか、現状維持するか…見守り続けたいと思います。

・親なき後必要な事、就労に必要な心がけ、日常生活での出来る事も大事な一つだと学びました。また、甘えられる人間関係、親も築き上げて“助けて”“教えて”が言える様に子どもも私も心がけていきたいと思います。

・正木先生の経験を交えてのお話しをいつも楽しみにしています。つい子どもに怒ったり、指示してしまうことが多いので、母親には甘えられない存在になってしまっています。いつまでも一緒にいられるわけではないですが、親は味方になってあげなければ…と思いました。

・久しぶりに参加できて良かったです。具体的な事例がたくさん聞けて良かったです。早めに就労について動かなければと思いました。

・我が家の“事件”直後で、タイムリーなアドバイスがいただけて、修正の余地があるうちでありがたかったです。

・いろんな話が聞けて参考になりました。親は子どもを何とかしたいと思うけど、見守っていこうと思えました。また元気に頑張ってみようと思います。

・正木先生のお話しはとても参考になりました。なるほどと思うことも多かったです。グレイと言われるまでに小さいころから知的に重かったので、あまりグレイの親の気持ちはわかりませんけれど、親がグレイどころか結構重い場合は、子どもの障がいを認めることは自分の人生を否定されるように思う方も少なくないと思っています。ほっとするのは、自分たち親も守られているからだと思います。なのでそのあたりは共感するしかないような気がします。ただ、時代が違うので、親とはいっしょのようにはいかないですけれど。子どもが家を出ない場合は、親が外へ出るというのは参考になりました。なるほどなぁ〜と一番感心しました。

・行事担当として・・・正木先生には、いつも背中を押していただきます。正木先生、皆さん、ありがとうございました。

(文責:丹羽)


☆平成29年6月30日(金)
 星の子より 年間計画のお知らせ

   

7月12日(水) 茶話会  10時半〜13時 城山れんげ会議室
 正木先生をお迎えして 「親なきあとを考えてみましょう」
 会費…お弁当注文 500円 ※飲み物持参

9月3日(日) ディキャンプ  松阪森林公園(予定)
 金山先生(京都YMCA)を囲んで「みんなでご馳走を作ろう」
 BBQハウスの大きな鉄板で調理&川遊び

 ※ディキャンプのチラシは、こちらをクリック ⇒ 

10月26日(木)茶話会 10時〜12時 城山れんげ会議室
 ディキャンプの反省会とゲストを囲んで

11月 詳細未定 茶話会 

12月 詳細未定 クリスマスランチ会  ぽっカフェ(亀山)
 今年を振り返って

2月 詳細未定 学習会
 社会制度から親なき後を考える

3月または4月 親子リクレーション 詳細未定

*星の子部に登録していない会員さんも、どうぞご参加ください。
 連絡は丹羽(niwatti-syuwatti@softbank.ne.jp)へどうぞ=☆=

   



ブロック便りに戻る