IEユーザーの方お気に入りへ追加クリック

君は僕の” 抱き枕 ”なァんちゃって!!
枕色々 その特性

そば枕 放湿・涼感効果
ウレタン枕 頭圧分散効果
フェザー枕 頭圧分散・吸湿・放湿効果
ヒノキ枕 森林浴・やすらぎ効果
備長炭枕 消臭・吸湿効果
パイプ枕 清潔・涼感効果
茶枕 森林浴・やすらぎ効果
腕枕 精神安定効果・円満効果
ウェーブ枕 頭圧分散・涼感効果
膝枕 円満効果
目枕 目の休息効果
抱き枕 精神安定効果
石枕 冷却効果
パンヤ枕 頭圧分散効果
磁気枕 血行促進効果
空気枕 頭圧分散効果
竹枕 冷却効果
気まま枕 頭圧分散効果、清潔・涼感効果、やすらぎ効果

 色枕は当店では販売しておりません、悪しからず!!


この画像をさわって〜!


お座布団について!!
座布団の正しい使い方ご存知ですか?
座布団をよく観ると4辺の内1辺だけ縫い目が無いの知ってますか?
それから縫い目が見えないようにどちらか一方の生地がかぶさってい
ます、それを”きせ”と言いますがその”きせ”を埃などを受けないように
下に向け、縫い目が無い辺を前にして使います。


座布団の歴史は?
 座布団の歴史は畳に由来することが大。畳は筵(むしろ)を何枚か重ねたものであり、
その古代の畳は寝具座具としてつかわれ、自分の権威を表わすものでありました。
さらに時代が進むにつれてその畳の上の茵(しとね)が敷かれるようになりました。
茵とは薄畳(うすじょう)を芯にして布のへりをつけた正方形の敷物のことであり、
それと社寺で使われた「円座」の使われ方がミックスされ、現在の座布団と発展して
いったようです。現在のように中に綿をいれる布製になったのは江戸時代の中期以降、
そしてその座布団が一般に普及したのは大正時代に入ってからです。

座布団の種類色々?

夫婦判座布団 以前は婚礼にはつきものでした。(69cm×72cm)
坊主座布団 御主様用(70cm×73cm)
緞子判座布団 婚礼布団とセットで、(63cm×68cm)
八端判座布団 客用座敷座布団(59cm×62cm)
銘仙判座布団 普段座布団(57cm×59cm)
木綿判座布団 台所座布団(51cm×55cm)
茶席判座布団 お茶席用座布団(43cm×47cm)
椅子座布団 学童机などの薄い座布団
額座布団 お座敷の額とかが傷を付けない様、小さな三角
机座布団 和式テーブルの脚用座布団
置物座布団 招き猫などの置物用座布団


座布団の役目?

座布団はくつろぐにしろ威儀を正すにしろ、家庭に於いての必要品です。
座布団が置いてあればまぎれもなく、そこが自分の場所となり同時に
座布団にすわればなぜか安心できます。こんなふうに座布団は優れた
日常生活用品なのですが、最近は単なるジャパニーズ・クッション的に考
える世代が出ているようです。そこでかつて各家庭で使われていた座布団
の役割を思い起こして欲しいのです。わずか、座布団一枚でくつろぎの空間
を生み出すことができると思います。