赤十字の活動について

HOME赤十字の活動について > 青少年赤十字の普及・育成

青少年赤十字の普及・育成

青少年赤十字活動のねらい

青少年赤十字の特長は
赤十字の精神というのは、特別なものではなく、誰の心の中にもある「苦しんでいる人を見たら何とかしなくてはいられない」、「みんな同じ人間どうし」という気持ちを「われ、ひとと共にあり」という人類の連帯感に発展させ、社会生活のあらゆる分野に奉仕(ボランティア・サービス)という具体的な行動として実践に現すことです。
 かのアルバート・シュワイツアーが「人間なら誰の心にも、哀れみの心と献身的な愛情が内在するものだが、その心でものを感じ、考え、行動することの難しい人間たちに熱心に呼びかけてこの理想を思い出させてくれるのが赤十字である」と語っているように、この赤十字精神は誰かが発明したものではありません。また、ひとに無い物ねだりをしているわけでもないのです。人間なら誰の心の中にもあるものなのです。
青少年赤十字の特長は
この心を青少年が自覚し、日常生活に生かすことが、青少年の人格形成に役立ち、ひいては世界の平和、人類の福祉に貢献できる人を育てることにもな ります。 幼児のころから虫も草花も動物も人間も、生きとし生けるものの生命は尊いものだという思いを持ってもらうとともに、その年齢なりに他に対して手をさしのべることの尊さを知り、「共に生きる」社会に積極的に参加してゆける将来のための種蒔きをする、これが青少年赤十字のねらいです。

青少年赤十字の活動とは

 赤十字は、どんな状況下にあっても人の命とその尊さを守ること、「人道の実現」のために活動しています。苦しんでいる人を見たら何とかしてあげたいという誰もがもっている優しい心を引き出し、その気持ちを日常生活の中で具体的な行動に変えられるような人を育てたい。
そんな願いを持ち、青少年の育成に取り組んでいます。
 青少年赤十字(Junior Red Cross)は、青少年自身が日常生活の中で望ましい人格と精神を自ら形成することを目的としています。「気づき、考え、実行する」という態度目標と、具体的な行動の道しるべとして、3つの実践目標、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」を掲げ、学校・園の先生方が指導者となって学校・園内を中心に活動しています。
どんな活動ができるの?
●募金活動、使用済み切手収集、花を育てる活動、高齢者とのふれあい、
 年少者とのふれあい、地域(校区)の清掃活動、福祉施設訪問など
●リーダーシップ・トレーニングセンター(夏合宿)、青少年赤十字のつどい、
 海外の青少年赤十字メンバーと交流など
●指導者養成研修会
●本社が主催する事業への参加
 JRC指導者養成講習会、青少年赤十字研究会、スタディ・センターへの参加
加盟登録をお勧めします
多くの学校・園で、日本赤十字社の提唱している趣旨を踏まえた活動が学校・園で行われています。
ぜひ、この機会に加盟登録をお勧めします。
加盟登録の手続きは、このホームページから「加盟登録申込票」「活動計画書」をダウンロードして、助成金品交付申請書とともに必要事項を記入の上、日本赤十字社三重県支部まで郵送でお送り下さい。これで、手続きは完了です。あとは、日本赤十字社三重県支部より連絡文書が届きますのでお待ち下さい。
ダウンロード等、加盟登録に関わるお問い合わせは次にお願いします。
【ダウンロード様式】
 1.青少年赤十字加盟登録申込票(一太郎(ZIP形式圧縮版))(word
 2.幼稚園・保育園用 活動計画書(一太郎(ZIP形式圧縮版))(word
 3.小学校・中学校用 活動計画書(一太郎(ZIP形式圧縮版))(word
 4.高等学校・特別支援学校用 活動計画書(一太郎(ZIP形式圧縮版))(word
 5.活動計画書記入例(Word(ZIP形式圧縮版)
 6.活動紹介書(来年1月末提出締切)
  (1)幼稚園・保育園用 (一太郎(ZIP形式圧縮版))(Word
  (2)小学校・中学校用 (一太郎(ZIP形式圧縮版))(Word
  (3)高等学校・特別支援学校用)(一太郎(ZIP形式圧縮版))(Word
ページの先頭に戻る

問合せ先・送付先

〒514-0004 三重県津市栄町1丁目891
日本赤十字社三重県支部 組織振興課 青少年赤十字担当 宛
TEL:059-227-4145   FAX:059-227-6245
平成30年度 三重県支部青少年赤十字活動の主な予定
月日 内容 会場 後援
(予定)
4月28日 第1回高等学校連絡協議会・顧問会議 三重県支部
5月22日 青少年赤十字指導者養成研修会 三重県立鈴鹿青少年センター 県教委
県小中学校長会
県立学校長会
5月29日 青少年赤十字指導者協議会役員会 三重県支部
6月16日 子ども新聞プロジェクト事前研修会 朝日新聞名古屋本社
7月5日~6日 全国青少年赤十字賛助奉仕団協議会総会 日赤本社(東京)
7月14日~16日 子ども新聞プロジェクト現地取材 兵庫県,熊本県
7月21日 子ども新聞プロジェクト事後研修会 朝日新聞名古屋本社
7月31日~2日 青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター(小学校) 三重県立鈴鹿青少年センター 県教委
津市教委
県小中学校長会
県立学校長会
7月31日~2日 青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター(高校) 三重県立鈴鹿青少年センター
8月2日~4日 青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター(中学校) 三重県立鈴鹿青少年センター
9月15日 第2回高等学校連絡協議会・顧問会議 三重県支部
11月16日~25日 青少年赤十字国際交流事業 国際交流集会
(11月22日~25日・東京)
未定 青少年赤十字中学校連絡協議会 未定
12月15日 青少年赤十字のつどい 鈴鹿ハンター 県教委
県立学校長会
2月 第3回高等学校連絡協議会・顧問会議 未定
3月22日~26or27日 青少年赤十字スタディー・センター 山中湖村
東照館(予定)
ページの先頭に戻る

JRC加盟校(平成29年度)

校種 加盟校数
保育園 13園  
幼稚園 71園 
小学校 225校  
中学校 80校  
義務教育学校 1校  
高 等 学 校 10校  
特別支援学校 1校  
合計 401校・園 
ページの先頭に戻る

防災教育プログラム「まもるいのち ひろめるぼうさい」ご活用ください!!!

 日本赤十字社は、自然災害で失われる命を一人でも減らし、人間の命と健康、尊厳を守るために、平成27年度に、青少年赤十字への加盟・未加盟を問わず、三重県内の全小学校・中学校・高等学校へこの防災教育プログラムを配布しました。
是非、ご活用ください。
青少年赤十字の特長は
 この防災教育プログラムの活用についてご質問などがありましたら、お気軽に三重県支部へ
お電話(℡:059-227-4145)ください。
JRC防災教育プログラムの特長
〇地震、津波、風水害(台風・豪雨・雷・竜巻)、雪、火山など、様々な災害について学ぶことができます。
〇小学生用(1~3年)、小学生用(4~6年)、中学生用・高校生用の3つに分けて作成しています。
〇指導案があります。ワークシートもあります。ワークシートはワードと一太郎の両方で収録されています。
 アレンジがしやすく、自由に写真や資料を入れ替えることもできます。
〇生々しい映像を収録しています。一つ一つの映像は短く作成しています。
〇防災教育以外でも使えるグループワークプログラムを多数収録しています。
 『コミュニケーション力』や『想像力』を養うことができます。「学級づくり」にも活用することができます。
〇理科、社会、保健体育、技術・家庭、道徳などの授業で使えます。
〇児童・生徒だけでなく、保護者を対象として使うこともできます。
〇被災者、救護員、教員が作成し、文部科学省がバックアップしています。
ページの先頭に戻る