赤十字の活動について

HOME赤十字の活動について > 災害救護活動

災害救護活動

災害救護活動
 災害救護事業は、日本赤十字社としての本来の使命に根ざした重要な活動のひとつです。災害救助法や災害対策基本法などにおいても、日本赤十字社は国及び地方自治体の防災、救助業務に協力することが義務付けられています。
 その活動は地震・津波・台風などの自然災害における被災者に対する医療救護、救援物資(毛布、緊急セット※1)の配布、血液製剤の供給、義援金の募集、ボランティアの派遣など幅広い活動を行っています。
 なかでも、被災者に一刻も早い対応が必要な医療救護活動に備えて、三重県の「災害拠点病院」でもある伊勢赤十字に常備8個班の医療救護班が編成されており、迅速、的確な医療、こころのケア活動を行うこととなっています。
医療救護班は、原則として医師を班長とする6人を1個班として編成し、医薬品、医療資機材のみならず燃料、食料、寝具なども持参し自己完結型の医療救護活動を展開します。
※1 緊急セット内容
緊急セット内容
タオル・ウエットティッシュ・軍手・ビニール袋・コップ・ポケットティッシュ・物干しロープ・洗濯バサミ・スプーンフォークセット・ゴム手袋・救急絆創膏・弾力包帯・不織布ガーゼ・不織布マスク・歯ブラシ・毛抜・携帯ラジオ・懐中電灯・鉛筆・メモ用紙・日赤リーフレット・風呂敷・天チャックポーチ・ツーウェイバッグ(24品目)

救護班の編成および役割

医師 1人 救護班長として、診療業務主導者および管理業務責任者としての役割を遂行する。
看護師長 1人 班長業務の補佐として班長に協力するとともに、班運営に適切な助言をする。
看護師 2人 班長や看護師長の指示のもとで適切な救護活動を実施する。
主事 2人 救護班における庶務的な役割と車両の運転をおこなう。
被災状況や派遣時期などによって増減したり、薬剤師や助産師などが加わることもあります。
ページの先頭に戻る

東日本大震災に対する日本赤十字社三重県支部の対応

 日本赤十字社三重県支部では、被災地に救護班を派遣するなど総力をあげて救護活動に取り組んでいます。
医療救護班の派遣
医療救護班の派遣
 山田赤十字病院(現伊勢赤十字病院)の医療救護班は、平成23年3月11日の発災直後から、出動体制を整え、翌12日に第1班が栃木県大田原市の大田原赤十字病院に出動し、14日まで病院の支援、患者搬送、避難所での診療にあたりました。
3月14日の第2班からは、宮城県石巻市石巻赤十字病院の支援、医療圏内の避難所(渡波小、湊小、専修大学、中里小など)への巡回診療にあたり、11班90名を派遣しました。
 なお、5月から日本赤十字社第3ブロック支部(東海4県、北陸3県、長野県)で石巻市雄勝地区の巡回診療などにあたりましたが、7月7日をもって当支部における救護班支援活動を終了しました。
石巻赤十字病院の部門支援
石巻赤十字病院の部門支援
石巻市で唯一医療機能が維持されていた石巻赤十字病院に被災者が集中し、患者対応や医療スタッフの業務支援を行うために各種職員が派遣されました。
・医 師・・1名・・救急診療部門へ8日間
・看護師・・7名・・トリアージエリアの支援へ10日間
      1名・・病棟へ8日間
・助産師・・1名・・産科病棟へ8日間
・薬剤師・・3名・・薬剤部門へ8日間
・事務職員・3名・・院内事務へ8日間
災害対策本部支援職員の派遣
三重県支部から宮城県災害対策本部へ支援職員1名を派遣しました。・・4日間
こころのケア要員の派遣
こころのケア要員の派遣
被災者の精神的なダメージ、心身の疲労、避難所生活などから生じるストレス状態の軽減を図るとともに、救護員自身が自らのストレスに対応出来るよう支援しました。
当支部では、こころのケア要員を救護班に帯同させ、現地での支援活動に当たったほか、全国から参集した専従班(看護師・指導員等4~5人、事務要員2人)の一員として、こころのケア活動を展開しました。
・救護班帯同での派遣
 看護師・臨床心理士・・7名・・4日~6日間
・専従班での派遣
 看護師・臨床心理士・・8名・・5日~8日間
 事務職員・・・・・・・2名・・6日間
介護職員の派遣
介護職員の派遣
 被災地の福祉避難所等(特養・老健施設)で不足している介護職員の業務を補うため、職員2名を派遣しました。
・連絡調整員・・1名
 遠野市社会福祉協議会のボランティアネットワーク(遠野まごころネット)が岩手県大槌町内で運営している
 「まごころ広場」での活動・・9日間
・介護職員・・1名
 岩手県上閉伊郡大槌町 介護老人保健施設
 「ケアプラザおおつち」の支援・・7日間
血液センター職員の派遣
 宮城県赤十字血液センターの供給業務支援に職員1名を派遣しました。・・5日間
救援物資
救援物資
 3月12日、宮城県支部を通じて名取市・岩沼市の避難所へ、毛布3,000枚を搬送しました。

伊勢赤十字病院 東日本大震災への救護活動
ページの先頭に戻る

dERU(国内型緊急対応ユニット)の概要

dERU(ディー・イーアールユー)とは
dERU(ディー・イーアールユー)とは
dERU(domestic Emergency Response Unit)とは、国内における大規模災害等で医療救護活動を行うことを想定した緊急仮設診療所用の資機材と要員のことをいいます。
日本赤十字社三重県支部では、大規模災害発生後、一刻も早く被災地における診療を開始することを目的として、仮設診療所用資機材の展開や取扱いについて要員に訓練しています。
dERUの基本構成人員
医師2名、看護師長2名、看護師4名、薬剤師1名、助産師1名、主事4名 合計14名
主な資機材
トラック、コンテナ、フレームテント、ベッド、診療用ライト、仮設トイレ等
対応能力
同ユニットは、10数人の職員で約1時間で立ち上げ、装備された医療資材により1日150人程度の軽症・中等症程度の傷病者に対して約3日間の治療が可能となっています。
ページの先頭に戻る