赤木城跡縄張図
【赤木城跡の守り】
赤木城に侵入するには、まず東郭の間を通らなければなりません。東郭にはさまれた狭い門で進入して来る敵を防ぎます。
次に虎口では、何度も折り曲げた通路で敵を囲み迎え撃ちます。
主郭は高い石垣で守られ、横矢掛(よこやが)かりから来る敵に弓を射かけます。西郭は南や西から登って来る敵を、背後を守る北郭は尾根づたいに来る敵を防ぎます。山裾に見える南郭は下の道からも近く、おもに生活の場であったと考えられます。

【赤木城跡の構造】
赤木城跡は主郭を中心に三方の尾根と山裾に郭が設けられています。尾根を利用して築かれた郭配置は、中世山城の様相を引継いでいます。一方、高く積まれた石垣や横矢掛かり、発達した虎口などは、近世城郭の要素が見受けられ、過渡期の城郭であることを表しています。また、石垣に反りがなく自然石をそのまま積み上げる手法も過渡期の要素と言えます。石垣は、主郭や東郭のように周りからよく見える所は高く丁寧に積まれ、北郭や西郭のように見えにくい所は石垣が低かったり、角度が緩くなっています。見栄えを意識して築かれていたことがわかります。

『主郭』 最高所にあり、城下からの比高は30m
『北郭』 石垣が2~4段と低く、尾根の先は堀切が設けられ、北から来る敵を防いでいます。

『虎口』 郭の出口です。城攻めの時にはここが要所となるので、敵を防ぐための工夫が凝らされています。

『西郭』 細長い尾根の上に築かれています。西郭は4つの郭(くるわ)からなっています。
天目茶碗や砥石、釘などが出土しました。

『南郭』 他の郭とは違い山裾に築かれています。これは他の郭が防御の役割を担っていたのに対し、
南郭は主に生活の場であった為と考えられています。

『東郭』・『門跡』 東郭は門をはさむ2つの郭からなっており、最初に敵を迎え撃つ場所です。
そのため、石垣は高く険しく積まれています。

『春の赤木城跡 全景』 撮影:小林良美 氏
『冬の赤木城跡 全景』 撮影:小林良美 氏
『朝霧の赤木城跡』 撮影:小林良美 氏
『赤木城跡から眺める集落』 撮影:濵口 拓 氏
『赤木城跡の全景写真』

丸山千枚田写真ギャラリーへ
瀞峡写真ギャラリーへ
紀和の名滝写真ギャラリーへ
雲海写真ギャラリーへ
写真ギャラリーメニューへ

リンク集




熊野市観光公社

熊野市観光協会

熊野市紀和鉱山資料館

紀和B&G海洋センター

三重県観光連盟

交通機関リンク集

JR東海

三重交通

熊野交通

国土交通省中部地方整備局

北勢国道(名阪道路情報)

紀勢国道事務所(R42号)

熊野市バス



〒519-5417 三重県熊野市紀和町小川口158  mail : seiryuusou@kumano-furusato.com
〒519-5416 三重県熊野市紀和町湯ノ口10  mail : yunokuchi@kumano-furusato.com