津の町を歩こう

安濃津ガイド会



コースと名物紹介

四天王寺 
塔世山四天王寺、曹洞宗の中本山
織田信長の母 花屋寿栄禅尼(土田御前)の墓が四天王寺に祀られていることはあまり知られていない
藤堂高虎夫人をはじめとした武将や学者、文人たちの墓もある
重要文化財には、薬師如来像、絹本着色藤堂高虎、同夫人像、聖徳太子像がある
恵日山観音寺 
津の観音さんと親しまれている津観音
将軍足利義教が勅命を奉じ三重塔を建立した寺
津藩主籐堂高虎や徳川家康の側室 清雲院於奈津の方は、津観音に燈籠や釣り鐘。山門等を寄進をしている
宝物殿には、多くの寺宝が展示されている
浄明院 
浄明院は3代藩主藤堂高久の生母の院号
朝鮮から持ち帰ったという石造仏3体がある
また、江戸川乱歩のお墓もある

寒松院
藤堂高虎を初め津藩・久居藩の藩主の墓がずらりと並んでいる
寒松院は藤堂高虎の院号
これだけの墓碑があるのはかっての寒松院がどんなに大きかったのかを物語るもの
津城跡
織田信包の居城として造られた城を高虎が大改修
石垣を広げた跡が残る

上宮寺
かっては、柳山にあったが、寺町の形成と共にここに移転
親孝行の伝説に登場する阿漕平次の霊を弔った寺
境内には「国家安康・君臣豊楽」の梵鐘を銘文を考えた清韓の墓がある

有造館
藩校有造館は文政3(1820)年城内の一角(現在のNTT三重支店の所)に開校。
正門の入徳門は、お城公園に移築され保存されている。
天文・算法・礼節の文と、弓術・馬術・剣術・槍術・柔術などの演武、馬場も置かれた。

清雲院於奈津
西来寺には徳川家康の側室「於奈津の方」の木像が安置されている。
於奈津の幼名は「うの」といい津市出身。家康と巡り会い、側室となった。
戦前には西来寺には於奈津御殿が建てられていた。


トップページへ 語り部紹介ページへ