津市内の温泉

温泉入浴施設を紹介

           ↑  榊原温泉郷(日帰り可能 宿)

  古来から知られているアルカリ単純泉、つるつる肌をつくります。
温泉施設 「榊原館」 「白雲荘」 「清少納言」  の
女将さん達が 「糸さくら」 「糸さくら」 の会を結成、 いろんなイベントを企画実施している。 


            日帰り温泉施設の紹介

湯の瀬  榊原 
24度の泉温、アルカリ単純泉。 
露天には.檜で造ったおけ型浴槽
室内には.半身浴槽・圧注浴槽・全身浴槽・寝湯・サウナがある。
入館料;大人550円・65歳以上は250円。
外には公園・テニスコート2面・足湯施設がある。
  入り口から駐車場までは桜並木が続く。
湯の庄  榊原 
湯元榊原館の日帰り入浴施設 


入館料;大人1000円 

猪の倉温泉  白山町 
泉温19.7度 毎分140g 炭酸水素ナトリウム、アルカリ単純泉。
  青山高原の麓、緑豊かな自然と天然温泉に恵まれた保養所。 肌ざわりなめらかな「美人の湯」の泉質が満喫できる。 猪の倉の湯は、アトピー、リュウマチ、疲労回復などに効くと評判。 
大浴場とサウナ、露点風呂がある。水曜日が定休日。入館料:タオル付700円 
安濃温泉 安濃町  安濃交流会館の中にある温泉施設。
  泉質はナトリウム一塩化物。
  入館料:大人300円・木曜日休館
とことめの里 やすらぎの湯 一志町
泉温39.1度 アルカリ単純泉。 保健福祉施設。
緑豊かな自然環境のもとで読書や学習ができる図書館、豊富な湯量と良質の温泉を利用した入浴施設や
屋外には自然とふれあうやすらぎの場としてパターゴルフ場や公園などが備えられている。
室内には大浴場・水風呂・スチームサウナ 屋外には露天風呂がある。
入館料;大人550円、タオルと湯上げ用タオルを渡してくれる。火曜日が定休日。


 極楽湯 白塚 国道23号線の側
地下1300b から44.3度の湯を毎分300g揚湯している。
泉質は、弱アルカリ単純温泉。  
露天には.岩風呂・壺風呂・檜ふろ・つぼ押し湯
室内には.ジェットバス・コラーゲン湯(月によって変わる)・電気風呂・サウナがある。
それぞれの浴槽は、温度表示がしてある。
入館料;平日大人700円、土日祝は800円
食事処もある。
スオミの湯(オークランドシティ内)  雲出本郷町  国道23号線の側
 泉質は弱アルカリ単純泉。炭酸水素温泉。38.7度の湯。毎分270g
弱アルカリ単純泉に炭酸ガスをとけ込ませた湯がスオミの湯自慢です。
露天には.岩風呂
室内には.ジェットバス・電気風呂・サウナがある。屋根はガラス張りで明るい。
入館料;平日大人500円。同じ建物にプレイランドが付属している。
磨洞温泉(涼風荘 湯処森乃泉) 半田2860−1 
 アルカリ性単純温泉。PH9.6。18.3度の湯。一志町白山温泉から配湯。
入湯料大人700円。
貸切洞窟風呂45分2500円もある。
江戸時代頃から磨き砂の産出し、ここは無数の洞穴がある。 
この穴は戦時下では軍需工場として利用されていた。
約2`に及ぶ長い洞窟からは、豊富な地下水が沸いていた。

トップページに戻る 語り部紹介に戻る