私の健康法(水健康法)

もう、15年前になるかな。

当時高校生の時に読んだ「水健康法」の本のおかげで、今日まで健康?快適?に生活出来きている。

「水健康法」とは、何をすれば良いのか?・・・・・答えは簡単、水をたくさん飲むだけです。

もっとも、食後などに水・お茶を飲まない人は少ないと思いますが、「水健康法」はもっと大量に飲むのです。

その水の量は1日2〜3リットルです。飲む水は水道の水を浄水器などで濾過した水が最適だと思います。

もちろん、水道水は最初飲みにくいのでお茶でもいいのです。

濃いお茶、緑茶などはなるべく薄くして飲まないと眠れなくなったりします。

もちろん、砂糖・アルコールの入った飲み物はダメです。(飲んでもいいですがホドホドに(笑))

では、具体的にどのように1日2〜3リットル飲むかと言いますと、少しずつ(1回で一口から三口程度)

何回も飲むのです。最初は慣れないと無理ですから1日1リットル程度から始めます。

もちろん、私も最初はそうでした。

だいたい1日の流れはこんな感じです。

朝起きたら、まず二口から四口程度飲みます。これはとても重要です。朝は血液が濃くなっているため、

血管のいろいろな所の中で詰まる可能性があるからです。

冬期は胃腸の弱いかたは暖かくして飲むと良いです。

食後はなるべくたっぷりとお茶などを飲むようにしますが、飲み過ぎはお腹がタップンタップン(笑)

になりますからホドホドにします。

で、食間(例えば、朝食朝8時、昼食12時、夕食19時とすると、9時〜11時、13時〜18時、20時〜23時)

に水かお茶を最初は0.5リットル程度から始めて数ヶ月後には2リットル程度まで飲むようにします。

食間に何度でも少しずつ(1回で一口から三口程度)飲むのです。

仕事中の場合はなかなか困難ですが、なるべく飲むようにしています。

この「水健康法」の難点は「トイレが近い」ってことです。ですから仕事中の場合で

トイレに何度も行けない場合は少し、飲む量を控えるしかありません。

この「水健康法」の良い点は多く有りすぎて忘れましたが、特には下記の効果があるようです。

 いつも血液がサラサラ。(物理的な血管障害になりにくい)

 便秘に効果あり。(堅くなりにくいため、お通じもよい)

 虫歯になりにくい。(水道に含まれる塩素が、口の中の雑菌の繁殖を抑える。お茶でも同様な効果があります)

 イライラ、短気に効果がある。(水分が豊富だと多少効果があるようです)

 お肌に良い。(体全体に効果があり、お肌にツヤ・ハリが出るようです)

とこんな所です。

私自身の実体験では(現在は1日2〜3リットル飲んでいる)・・・・・

 お通が良い。(仕事で水分が豊富にとれない時以外は快適(笑)です)

 高校生より以前は歯医者さんにたまに行っていましたが、この「水健康法」を初めてからは約15年間

 歯医者さんに行っていません。

 あまりイライラしない。

と・・・こんな所です。みなさんも最初はちょっと飲みにくいですが、すぐ慣れますから試してみてね〜〜〜。